気温が下がる日は水道管の寒波対策をしましょう

更新日:2023年01月23日

ページID : 4753

凍結防止対策をしましょう

水道管の破損を防止するためにも、次の対策をお願いします。

  • 水道メーターや露出している水道管を布やタオル等で巻くなどして保温する
  • 水道メーター横の止水栓を閉めた後、各蛇口を開けて水道管の水を抜く
  • 水抜きをしない場合、気温の下がる時間帯に水道水が糸を引く程度に流し続ける
    (注意)閉め忘れに気を付けましょう

水道管が破損したときの対処法

水道メーター横の止水栓を閉めて、市の指定を受けた水道業者に連絡してください。

水道管が凍結して水道の水が出ないままの状態で外出するときは、必ずすべての蛇口が閉まっていることを確認してください。また、水道メーター横の止水栓を閉めて外出することをお勧めします。

万一に備えましょう

水道管が凍結して水道水が出なくなることが予想されますので、飲み水や生活用水を確保するために水道の水を汲み置きするなど、万一に備えてください。

長期間不在にするときは水道の閉栓を推奨します

旅行や出張で長期間留守にしたり、空き家を持っている人は、水道を開けたままにしておくと、台風や寒波等による漏水が発生したとき、気づくことができません。
えびの市では、電話による水道の開栓、閉栓の受付を行っておりますので、不在にする場合は水道の閉栓を推奨します。

この記事に関するお問い合わせ先

えびの市 水道課 工務係

郵便番号:889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地

電話番号:0984-35-1113
ファクス:0984-35-1200

お問い合わせはこちら