ホーム > 健康・福祉 > 健康・福祉 > 感染症・予防接種

基礎疾患を有する人の優先接種について

 新型コロナウイルスワクチン接種において、基礎疾患を有する人は、医療従事者、高齢者に次ぐ優先順位となっています。

 市では、基礎疾患を有する64歳以下の人から以下の期間に申請があった場合は、高齢者の次に優先して接種クーポン券を送付します。なお、今回のお知らせは、基礎疾患を有する64歳以下の人を事前に把握するためのものです。接種クーポン券の送付は、65歳以上の人の予約が落ち着いてからになります。 

 

対象者

基礎疾患を有する市内在住の16歳から64歳までの人

※生年月日が昭和32年4月2日から接種時点で16歳以上の人が対象です。

※接種前の予診の際に、医師が予診票の質問事項を見て優先される基礎疾患を有していることを確認します。

 

基礎疾患を有する人とは、次の(1)、または(2)に該当する人
(1)次の病気や状態で通院・入院している人

・慢性の呼吸器の病気
・慢性の心臓病(高血圧を含む)
・慢性の腎臓病
・慢性の肝臓病(ただし、肝硬変や慢性肝炎を除く)
・インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病、または他の病気を併発している糖尿病
・血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
・免疫の機能が低下する病気(治療中のがんを含む)
・ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
・免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
・神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
・染色体異常
・重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
・睡眠時無呼吸症候群

(2)基準(BMI30以上)を満たす肥満の人

※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

※ただし以下の人は、申請の必要はありません。

・身体障害者手帳で心臓機能障害である人
・身体障害者手帳で呼吸器機能障害である人
・身体障害者手帳で腎臓機能障害である人
・身体障害者手帳で肝臓機能障害である人
・療育手帳を所持している人
・精神障害者保健福祉手帳を所持している人
・自立支援医療費助成で「重度かつ継続」に該当する人

 

申請期間

7月2日(金曜)まで

 

接種券送付時期

7月初旬(65歳以上の方の予約が落ち着いてから発送します。)

 

接種開始時期

7月中旬以降(接種券に同封するお知らせを見て予約してください。)

 

申請書

新型コロナウイルスワクチン接種優先送付申請書 (PDFファイル/98.9キロバイト)

新型コロナウイルスワクチン接種優先送付申請書 (Word2007ファイル/19.4キロバイト)

 

申請方法

申請書に記載している1から15の基礎疾患のいずれかに該当し、優先接種を希望される人は、申請期間内に申請してください。

(1)窓口申請
申請書に記入し、健康保険課、保険センター、両出張所に提出
 
(2)電話申請
電話で以下の問い合わせ先に申請
 
(3)郵送申請
申請書に必要事項を記入の上、以下の郵送先に郵送して申請
※申請時の切手代はご自身でご負担ください。
 
その他
小林市在住の人は、小林市健康推進課にお問い合わせください。

 

問い合わせ先および郵送先

〒889-4292 えびの市大字栗下1292番地

えびの市新型コロナウイルスワクチン接種推進室

電話:35-3200 FAX:35-3201

えびの市 健康保険課 市民健康係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-1116
FAX:0984-35-0401
Eメール:kenkohoken@city.ebino.lg.jp