ホーム > くらし > くらし > 暮らしの相談

ストップ!コロナ差別 ~今こそ、思いやりを持って~

 新型コロナウィルス感染症が拡大する中、誤解や偏見により、感染した人やその家族、治療にあたっている医療従事者、感染が確認された事業者、その家族に対して、不当な差別、偏見、いじめ、インターネット上での誹謗・中傷などが増加しています。

 また、こうした行動は、人々の不安をあおり、感染を疑われる症状が出ても、受診をためらい、結果的に感染が拡大するという負の連鎖につながります。

 新型コロナウィルス感染症は、誰にでも感染するリスクがあります。不当な差別や偏見、いじめ、インターネット等での心ない書き込みなどは決して許されない行為です。

 市民の皆さん、誤った情報や不確かな情報に惑わされず、人権侵害につながることのないよう、一人一人がお互いを思いやり、公的機関の発信する正確な情報に基づいた冷静な行動をお願いします。

 闘う相手は、人ではなくウィルスです。

 今こそ、私たち一人一人がお互いの立場を理解し、思いやりの心をもって支え合いながら、市民一丸となって、この難局を乗り越えていきましょう。

 

 

外部リンク

法務省ホームページ(新型コロナウイルス感染症に関連して)

えびの市 総務課 人権啓発室

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3711(課代表)
FAX:0984-35-0401