ホーム > 観光・産業 > 観光・産業 > 指名競争入札

えびの市建設産業技術者等資格取得支援事業

 市では、建設産業従事者の資格取得に取り組む市内の建設業者を支援することで、本市の社会インフラ整備補修に携わる技術者等の技術力の向上および担い手育成を図ることを目的として、資格取得に係る経費について補助金を交付します。補助金の申請を希望する事業主は、次により申請書類を提出してください。

 

対象者

 (1)えびの市内に本店がある事業所で以下に該当するもの

建設業者(建設業許可を有すること)

測量、建設コンサルタント、地質調査、補償コンサルタント、建築設計業者の登録を有するもので、アからウのいずれかに該当するもの

  ア.中小企業基本法第2条第1項第1号に規定する会社および個人

  イ.中小企業等協同組合法第3条に規定する中小企業等協同組合

  ウ.中小企業団体の組織に関する法律第5条第1項第1号の規定に基づく協業組合 

 (2) (1)に所属する常勤の事業主、役員および従業員

 (3) (2)のうち令和2年3月31日時点で満40歳以上の人

 (4) 暴力団員または暴力団関係者並びに暴力団と密接な関係を有する者でない者
 

※申請の対象となるのは前述の(1)から(3)の条件に当てはまる人ですが、申請者となるのは事業主です。

 従業員等が個人で申請することはできません。

満40歳未満の人について

   公益財団法人宮崎県建設技術推進機構が実施している「宮崎県建設産業若年技術者等資格取得支援事業」の活用が優先となります。満40歳未満の人は、こちらの事業への申請を検討してください。ただし、予算等の関係で当該事業の受け付けが閉め切られていたため申請できなかった人は当市の本事業の対象となります。

 

対象となる経費

 資格を取得するために補助対象者(事業主)が負担する受験料等の経費が対象となります。

※講座受講料に関しては、受講に必須の教材費も対象になります。ただし、受験または講習のために受講したものに限ります。
 ※消費税、宿泊費、食糧費、旅費、口座振込手数料等は対象外です。

 

対象期間

1.令和2年4月1日から令和3年2月末日までに受験した資格試験の受験手数料または同期間に修了した登録基幹技能者の講習受講料(合否は不問)

2.平成30年4月1日から令和3年2月末日までに受講した講座受講料

 

対象となる資格

1.施工管理技士(技術検定)

2.建築士(建築士試験)

3.技術士(技術士試験)

4.電気工事士(電気工事士試験)

5.電気主任技術者(電気主任技術者国家試験)  

6.電気通信主任技術者(電気通信主任技術者試験)

7.給水装置工事主任技術者(給水装置工事主任技術者試験)

8.消防設備士(消防設備士試験)

9.技能士(建設工事に関連するものに限る)

10.登録基幹技能者

11.測量士・測量士補(測量士・測量士補国家試験)

12.不動産鑑定士

13.土地家屋調査士

14.シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)

15.コンクリート診断士

16.その他 (その他についてはこちらをご覧ください→ 対象資格一覧 (Word2007ファイル/16.17キロバイト))

※1から16以外の資格等については、財政課へお問い合わせください。

 

補助額        

補助対象額の2分の1以内 (1人当たり上限2万5千円)

 

対象者の限度

1事業者当たり1人 (女性を含む場合は2人まで申請可能です)

 

受付期間(計画書提出期間)

 計画書受付期間 

 令和2年7月から令和3年1月末日まで

提出方法

 市財政課入札・契約係窓口へ持参 

 ※申請内容について、説明できる人が持参してください。

受付時間

 午前:9時から11時まで

 午後:1時から4時まで

 ※ただし、毎週木曜日は入札執行のため担当者が不在の場合がありますので、事前に電話等で確認のうえお越しください。

 

申請に当たっての条件

  1. 同一の受験・受講に関し他の補助金、助成金および給付金等を受給しないこと。
  2. 資格試験を受験(登録基幹技能者の場合は講習受講)することが必須(合否は不問)であり、講座受講のみは補助対象となりません。
  3. 補助金の交付は、計画申請受付順とし、申請が予定額を上回った時点で、受付を終了する場合があります。

 

 申請手続きの流れ

 以下は、補助金申請に関する手続きの大まかな流れです。( )は、書類の提出者です。

 

1 実施計画書の提出(申請者)

2 実施計画書の承認・補助金の内示(市)

3 実施計画書の変更等(申請者)※変更が生じた場合のみ

4 変更計画書の承認・補助金の内示(市)※3の変更届の提出があった場合のみ

5 補助金の交付申請(申請者)

6 補助金の交付決定および額の確定(市)


7 補助金請求書提出(申請者)


8 補助金口座振込(市)




申請書類様式ダウンロード

 申請書類は、以下よりダウンロードしてご利用ください。

            様式ダウンロードファイル 添付書類  注意事項 
実施計画書  補助金実施計画書 (Word2007ファイル/21.27キロバイト)

1.許可証または通知書の写し

2.受験および受講内容、日程ならびに金額等が確認できる書類の写し

3.令和2年4月1日以降の納税証明書(市に未納がないことの証明書原本)

4.受験者全員の常勤性が確認できる書類(社会保険被保険者証の写しなど)

受付期間

令和2年7月~令和3年1月末日

事業主及び役員等一覧兼同意書  事業主及び役員等一覧兼同意書 (Word2007ファイル/17.5キロバイト)   実施計画書と一緒に提出
2 実施計画書変更申請書  補助金実施計画書変更申請書 (Word2007ファイル/20.31キロバイト)  

 実施計画書に変更が生じた場合にのみ提出

※要提出:内示額の2割を超える減額が生じる場合

※任意提出:内示額の増額が生じる場合

3 補助金交付申請書  補助金交付申請書 (Word2007ファイル/18.14キロバイト)

1.資格試験手数料および講習または講座受講料の支払いが確認できる書類

2.申請者が補助対象経費に係る支出をしたことを確認できる書類の写し

3.実施計画書に記載していない受験者の場合は、受験者または受講者の常勤性が確認できる書類の写し(社会保険被保険者証など)

4.試験に合格した場合は、合格したことを証する書類の写し

 

受験者全員の合格発表から20日以内もしくは令和3年2月15日のいずれか早い時期までに提出してください。

 

※令和3年2月15日までに合格発表がない場合は、合格発表日を記入し発表後速やかに報告するとともに合格したことを証する書類の写しも提出してください。

 

 

実績報告書  補助金実施報告書 (Word2007ファイル/20.88キロバイト)    補助金交付申請書と一緒に提出
実施報告書(参考様式)  実施報告書(参考様式) (Word2007ファイル/18.11キロバイト)    領収書等の宛名が受験者または受講者本人になっているが、事業主が支払っている、という場合はこの様式を提出してください。
4 補助金請求書  補助金請求書 (Word2007ファイル/18.11キロバイト)    請求額は、交付決定および確定通知書で通知を受けた金額となります。

 

 

留意事項


★申請者は、補助金に係る経理についての収支の事実を明確にした証拠書類を整理し、かつ、これらの書類は事業が
完了した日の属する会計年度の終了後5年間保管しなければなりません

★申請者から提出された書類は、返却できませんのであらかじめご了承ください。

えびの市 財政課 入札・契約係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3716(課代表)
FAX:0984-35-0401