ホーム > くらし > くらし > 防災情報

災害時の避難における新型コロナウイルス感染症対策について

 新型コロナウイルス感染症がまん延する状況において、災害が発生し避難所を開設する場合には、感染症対策に万全を期することが重要な課題となっています。避難所は普段より3密(密閉・密集・密接)の状態に近く、衛生状態も悪くなりやすいところです。2016年4月に発生した熊本地震において開設された避難所では、インフルエンザやノロウィルスなどによる感染症が発生しました。また、災害時には断水により手指の流水洗浄ができない可能性もあります。新型コロナウイルスが収束する前に、地震・風水害が発生したらどうなるのか、平常時の事前準備や災害時の対応を考えておきましょう。

 

避難の検討をお願いします

「避難」とは、「"難"を"避ける"」ことであり、分散避難が可能な人は、感染リスクを負ってまで避難所に行く必要はありません。災害のおそれがあるときに、これまでのように「避難所」に多くの人が密集すると、新型コロナウイルスの感染が広がるリスクがあります。

 まずはご自身の住んでいる場所の災害リスクを確認して、避難が必要であるか確認しましょう。避難が必要であれば災害の種類ごとの緊急指定避難場所に避難してください。

 また、必要な物品を持っていけるよう時間に余裕をもって、状況が悪化する前に避難を完了させてください。

 

"分散避難"とは・・・

  災害時に、自宅の2階や近隣宅、車内で待機するなど避難所以外へ避難することにより、3密を防止し、感染症による2次災害を防ぐための避難方法です。

 また、自宅が危険な場合も、避難先は市が開設する避難所だけではありません。指定避難所は本来「自宅が被災して帰宅できない場合に、一定期間、避難生活を送るための施設」であるため、指定避難所が過密状態になることを防ぐためにも、これからは、「避難所」への避難以外に、「親戚・知人宅」「ホテル」「在宅避難」「車中泊」などさまざまな避難先に、地域の人たちが分散して避難することが大切です。

 

 屋外へ避難も・・・

従来の避難所は「3密」の典型であるため、屋外における車内やテントなどを活用した避難方法も選択肢の一つとして捉える必要があります。屋外へ避難される際には、避難場所の駐車場や広場などをご活用いただき、身の安全を確保してください。 

えびの市防災ハザードマップ(ホームページ内リンク)

えびの市の避難場所(市内全域)

  

市民の皆さまへ

 

災害に対する日頃からの備えについて

 大雨による被害が予想される地区では「早めの避難」を心がけてください。同時に「避難先」も考えてください。避難所などで人が密集すると新型コロナウイルスに感染する心配もあります。
大雨が降ってから避難先や避難方法を考えたのでは間に合いません。あらかじめハザードマップなどで自宅周辺のリスクを把握し、頼れる知人や親戚を探しておくなど、今からできる備えを進めることが大切です。
日頃から食料や防災資機材の備蓄、避難経路の確認など万全の備えをしておきましょう。

 また、乳幼児のお子さまがいるご家庭でも、災害時にお子さまの健康を維持できるよう必要な食料や日用品を備えておきましょう。

「新しい生活様式」を実践しましょう(ホームページ内リンク)

「自らの命を自らが守る」(気象庁ホームページ)

   乳幼児がいるご家庭の災害への備え

 

避難所に持っていくもの

□マスク(タオルなど)
□体温計
□アルコール消毒液(ウエットティッシュなど)
□清潔用品(タオル、歯ブラシ、ハンドソープなど)
□寝具(毛布など)
□スリッパ
□食料と飲料水
□着替え
□携帯ラジオ など

 

 ※市の備蓄品にも限りがあります。災害時、事前に避難する際は、自分の必要なものは自分で持参しましょう

 

その他の感染症対策など

災害時における避難所での感染症対策(厚生労働省ホームページ)

避難行動判定フロー(内閣府)

知っておくべき5つのポイント(内閣府)

 

えびの市 基地・防災対策課 基地・防災対策係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-1119
FAX:0984-35-0401