ホーム > 観光・産業 > 観光・産業 > 林業

森林経営管理制度に伴う意向調査を行います

2018年5月に制定された森林経営管理法では、森林所有者の適切な経営管理について責務を明確にしました。

そして、2019年4月から、森林所有者が適切に経営管理できない場合は、市を介して意欲と能力のある林業経営者につなぐことで、林業経営の集積・集約化を図り、森林整備を進める新たな制度(森林経営管理制度)がスタートしました。

 

森林を所有する皆さんへお願い

市では、森林所有者の皆さんに、現在、森林経営の意向調査(アンケート調査)を行い、所有森林をこれからどのように経営管理したいかなどを聞いた上で、今後の森林管理方法を検討していきます。

アンケート調査が届いた皆さんは、回答にご協力をお願いします。

 

森林経営管理制度による森林管理のイメージ

(1)市が森林所有者に、所有している森林を今後どのように経営管理したいか、意向の確認をします。

(2)市に委託したいと回答した場合は、必要に応じて、市と協議の上、経営管理の委託手続きを行います。

市に森林の経営管理を委託した場合

(1)森林経営に適した森林は、意欲と能力のある林業経営者に経営管理を再委託します。

(2)森林経営に適さない森林は、市が管理します。

  

 パンフレット (PDFファイル/1.27メガバイト)

えびの市 農林整備課 林務係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3725(課代表)
FAX:0984-35-0401
Eメール:norin@city.ebino.lg.jp