ホーム > 産業 > 商工業 > 商工業

えびの創業塾の開催について

えびの市商工会では、創業を予定している人、第2創業を検討している人、経営の基礎的なことを学びたい人を対象(市外の人も含む)に、経営・財務・人材育成・販路拡大など事業を行う上で必要とされる知識を身につけることができる「えびの創業塾」を開催します。創業に向けた基礎知識を、5日間の講座を通じて学べる内容となっています。

 創業塾 (PDFファイル/376.6キロバイト)

受講料

無料

開催場所

えびの市商工会

日時

以下のカリキュラムのとおり

カリキュラム (PDFファイル/79.89キロバイト)

定員

30人

申込方法

えびの市商工会へ申込書を持参するか、電話、またはファックスでお申し込みください。

申込書

えびの創業塾受講申込書 (PDFファイル/97.38キロバイト)

申込期限

10月29日(金曜)

問い合わせ先

えびの市商工会 TEL:0984-35-1544 FAX:0984-35-2644

 

特定創業支援事業を受けた人への支援内容(市、またはえびの市商工会が発行する証明書が必要)  

 特定創業支援事業となっているえびの創業塾を受講した人は、市が交付する「特定創業支援事業証明書」により会社を設立する際の登録免許税の軽減措置や信用保証枠の拡大などの特例が適用されます。 

1.会社設立時の登録免許税の軽減

 創業支援事業計画に位置付けられた「特定創業支援事業」の支援を受けて「創業を行おうとする人」や、「創業後5年未満の個人」が、*会社を設立する場合には、登記にかかる登録免許税が1月2日に軽減されます。

※減免を受けるためには、設立登記を行う際に、証明書の原本を法務局に提出する必要があります。
※会社とは、株式会社、合名会社、合資会社、合同会社を指します。
※株式会社、合同会社は、資本金の0.7%の登録免許税が0.35%に軽減されます。
(株式会社の最低税額15万円が7.5万円に、合同会社の最低税額6万円が3万円に軽減されます)
※えびの市が交付する証明書をもって他の市区町村で創業する場合、または会社を設立する場合には、登録免許税の軽減措置を受けることができません。 

2.創業関連保証の特例

 無担保、第三者保証なしの創業関連保証枠が1,000万円から1,500万円に拡充され、通常は創業2カ月前から対象となる創業関連保証について、事業開始6カ月前から支援を受けることができます。

※事業開始6カ月前から創業後5年未満の人が対象となります。
※えびの市が交付する証明書をもって他の市区町村で創業する場合、または会社を設立する場合にも、創業関連保証の特例を活用することができます。 

3.日本政策金融公庫「新創業融資制度」の申込み要件緩和

 新たに事業を始める人や事業を開始して間もない人が無担保・無保証人で利用できる「新創業融資制度」について、特定創業支援事業の証明書をお持ちの創業希望者や創業者(税務申告2期未満の人)は自己資金要件を満たすものとし、本制度の申し込みができます(別途、審査を受ける必要があります)。

※えびの市が交付する証明書をもって他の市区町村で創業する場合、または会社を設立する場合にも、本特例を活用することができます。

4.新規創業に要する融資の利子に対する利子補給補助金の交付

 えびの市創業支援利子補給補助金交付要綱に基づく、包括的連携協定を締結した金融機関から融資を受けた場合に利子分の補給補助金が最大で2年間交付されます。 

証明書の申請について

 特定創業支援事業による支援を受けた人で証明書が必要な人は、申請書に必要事項を記入の上、市観光商工課商工係へ提出してください。

交付申請書兼証明書 (Wordファイル/45キロバイト)

詳しくは、観光商工課商工係まで問い合わせください。 

交付条件

「えびの創業塾」を8割以上受講した人

交付手数料

無料

交付申請期限

特定創業支援事業による支援を受けた最終の日から2年以内

 

 

えびの市 観光商工課 商工係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3728
FAX:0984-35-0401
Eメール:kankoshoko@city.ebino.lg.jp