ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 子育て支援

児童手当(旧子ども手当)

平成24年度4月1日から子ども手当制度が代わり、児童手当制度により手当が支給されます。
児童手当とは、父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識のもとに、児童を養育している人に児童手当を支給することで、家庭などにおける生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に役立てることを目的に、児童を養育する父母などに手当を支給する制度です。

 

支給対象

次のいずれかに該当する人に支給されます。

受給資格者は、児童を監護し、かつ生計を同一にする父または母などです。父母に養育されていない児童は、児童を監護し、かつ生計を維持する人が受給資格者となります。

 

支給月額

区分 支給額
3歳未満 15,000円
3歳以上小学校修了前(第1子・第2子) 10,000円
3歳以上小学校修了前(第3子以降) 15,000円
中学生 10,000円

※所得制限あり(所得制限以上の人の支給月額は、児童1人につき一律5,000円)

 

支給時期

手当は、支給月の10日(10日が土・日・祝日の場合は直後の平日)に支給されます。手続きをした日によって支給時期が遅れる場合がありますので、早めの手続きをお願いします。

支給月

支給対象月

6月

支給月の前4か月(2月~5月分)

10月

支給月の前4か月(6月~9月分)

2月

支給月の前4か月(10月~1月分)

 

手続き方法

出生・転入等による申請

出生・転入などにより、新たに受給資格が生じた場合、15日以内(出生の場合:出生日の翌日から15日以内、転入の場合:転出予定日から15日以内)に「認定請求書」の提出が必要です。

※公務員(独立行政法人を除く)の人は、勤務先での手続きになります。

1.第1子の出生・転入等の場合

「児童手当・特例給付認定請求書」が必要です。

【申請に必要なもの】

このほか、他の書類が必要になることがあります。

※申請者(請求者)とは、生計中心者(所得が高く、児童を税法上扶養している人や、児童が同一の健康保険に加入している人)です。

2.第2子以降の出生などの場合

「額改定(増額)申請書」の提出が必要です。

【申請に必要なもの】

3.他の市町村に転出する場合

他の市町村に住所が変わる場合には、えびの市での受給資格が消滅します。「消滅届」を提出してくだい。

【申請に必要なもの】

 

申請先

市こども課子育て支援係、飯野出張所、真幸出張所

※公務員(独立行政法人を除く)の人は勤務先に申請

 

こんな時には届出を

その他、届出が必要な場合があります。詳しくは、市こども課子育て支援係にお問い合わせください。

 

続けて手当を受ける場合(現況届)

6月分以降の児童手当などを受けるには、現況届が必要です。現況届は、毎年6月1日の状況を把握し、6月分以降の児童手当などを引き続き受ける要件(児童の監督や保護、生計同一関係など)を満たしているかどうかを確認するためのものです。

※提出がない場合には、6月分以降の手当が受けられなくなります。

えびの市 こども課 子育て支援係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3738
FAX:0984-35-0401
Eメール:kodomo@city.ebino.lg.jp