ホーム > くらし > 住宅 > 定住促進住宅

定住促進住宅の入居申込方法・入居手続き

入居申し込みの方法

所定の申し込み用紙に必要事項を記入し、所得証明書、住民票などの必要な書類を添付の上、提出してもらいます。

※申込用紙等は市財産管理課にあります。

●添付書類

※詳しい空家の状況や、申し込みと同時に必要な書類等、入居申し込みに関する詳しい内容については、次までお問い合せください。

●申し込み・お問い合わせ先
 市財産管理課 住宅係 電話0984-35-1120(課代表)
賃貸借契約書の提出

入居決定のあった日から10日以内に、請書を提出してください。

なお、提出に当たっては、十分な保証能力のある連帯保証人(2人)の連署が必要です。

敷金・家賃の納付およびカギの引渡し 他

請書(契約書)の提出と同時に、敷金(家賃の3か月分)と1か月分の家賃(月の中途の場合は、日割計算した額)を支払ってもらいます。

敷金と家賃を支払ってもらった後、部屋のカギ(1本)をお渡しします。

なお、入居後の家賃は、口座振替か納付書またはPayB(ペイビー)[スマートフォン決済サービス]での納入となります。


口座振替の場合は「えびの市税等預金口座振替依頼書」を金融機関の窓口に提出すれば、翌月以降、月末にその月の家賃が引き落とされます。

納付書の場合は、月の初めに市から専用の納付書を郵送します。月末までにその月の家賃を納入してもらいます。

PayB(ペイビー)は、スマートフォンまたはタブレット端末に、アプリをダウンロードして氏名などの必要事項を登録後、納付書に印字されているバーコードを読み取って納付する方法です。領収書は発行されません。また、アプリの利用料は無料ですが、パケット通信料が別途自己負担となります。

住民登録の転入、転居の届出

引っ越しが終わったら、14日以内に市民環境課で転入または転居届をしてください。

各機関への手続き・届出

郵便局、九州電力、NTT、プロパンガス、市水道課への各種手続き・届出が必要となります。

自治会への加入・班長さんへの連絡

入居後、すみやかに自治会の班長さんに、新しく入居した旨を連絡してください。

当然のことですが、公営住宅に入居している人も地区の住民の一人ですので、自治会費などの支払いが必要となります。

入居決定後に個人の負担で設置するもの

えびの市管理の定住促進住宅には、必要に応じて個人の負担で設置してもらうものがあります。

●個人の負担で設置する主なもの

えびの市 財産管理課 住宅係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292
電話:0984-35-1120(課代表)
FAX:0984-35-0401