○えびの市こころをつなぐ手話言語条例
(平成30年3月27日えびの市条例第5号)
言語は、お互いの意思疎通を図り、知識を蓄え、文化を創造する上で不可欠なものであり、人類の発展に大きく寄与してきました。
 手話は、音声言語である日本語と異なる言語であり、手指や体の動き、表情等を使って視覚的に表現する言語です。ろう者は、物事を考え、コミュニケーションを図り、お互いの気持ちを理解し合うために、また、知識を蓄え、文化を創造するために必要な言語として手話を大切に育んできました。
 しかしながら、これまで手話が言語として認められてこなかったことや、手話を使用することができる環境が整えられてこなかった歴史があります。ろう者は、音声言語を自然に習得することが難しく、多くの不便や不安を感じながら生活してきました。
 こうした中で、障害者の権利に関する条約や障害者基本法において、手話が言語として位置付けられましたが、市民が手話に接する機会は少なく、いまだ手話に対する理解が社会において深まっているとは言えません。
 ここに私たちは、手話が言語であるとの認識に基づき、手話の理解と広がりをもって、相互に人格と個性を尊重し、それぞれの言語を介して意思疎通を図ることにより地域で支え合い、共に生きる社会を目指し、この条例を制定するものです。
(目的)
(手話の意義)
(基本理念)
(市の責務)
(市民の役割)
(事業者の役割)
(学校における理解の促進)
(施策の推進)
(財政措置)
(委任)