ホーム > くらし > くらし > 防災情報

新燃岳の警戒範囲が縮小されました(4キロメートルから3キロメートル)

新燃岳の警戒が必要な範囲が4キロメートルから3キロメートルへ縮小されました。

 ※噴火警戒レベルはレベル3(入山規制)で変更ありません。

 

警戒範囲発表日時

 平成30年3月15日(木曜日) 午前11時00分

 

警戒事項

 新燃岳火口から概ね3キロメートルの範囲では、噴火に伴う噴石の飛散や火砕流に警戒してください。

 風下では火山灰だけではなく、小さな噴石が風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

 

登山道規制

 新燃岳の噴火警戒レベル3が継続されていることや火山灰等の影響等を考慮し、登山者の安全確保のため、立入規制が継続されます。

  登山道等規制図 (PDFファイル/763.22キロバイト)

 

道路規制の解除

 えびの高原から鹿児島県霧島市へ通じる県道小林えびの高原牧園線の通行止めは解除となりました。

 ※道路規制の状況は、下記リンク「鹿児島県道路規制情報」をご確認ください。

 

これまでの経緯

 
 日付   発表時間  内容
平成29年 10月5日 午後11時35分 噴火警戒レベル2(火口周辺規制)に引き上げ
10月11日 午前5時34分 新燃岳で噴火が発生
10月11日 午前11時5分 噴火警戒レベル2(火口周辺規制)から噴火警戒レベル3(入山規制)に引き上げられ、警戒範囲は2キロメートル
10月11日 午前11時5分  えびの市情報連絡本部設置
10月15日

午後7時00分

噴火警戒レベル3(入山規制)の警戒範囲が2キロメートルから3キロメート

ルへ拡大

10月31日

午後2時00分

噴火警戒レベル3(入山規制)の警戒範囲が3キロメートルから2キロメートルへ縮小

平成30年   3月1日 

午前11時50分 

新燃岳が噴火した模様との発表 (午前11時00分)

3月1日 

午後4時40分 

噴火警戒レベル(入山規制)の警戒範囲が2キロメートルから3キロメートルへ拡大

3月10日 

午前5時5分 

噴火警戒レベル(入山規制)の警戒範囲が3キロメートルから4キロメートルへ拡大 

 

リンク

えびの市 基地・防災対策課 基地・防災対策係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-1119
FAX:0984-35-0401