ホーム > 行政・市政 > 行政 > お知らせ全般

えびの市心のふるさと寄附金

えびの市心のふるさと寄附金(ふるさと納税)について

 市では、将来像である“大自然と人々が融合し、「新たな力」が躍動するまちえびの-南九州の交流拠点都市を目指して-"の実現に向けて、厳しい財政状況を克服しながら、市民と行政が一丸となってまちづくりに取り組んでいます。そのために、えびの市を応援したいと思ってくださる人の力添えをいただこうと、ふるさと納税制度による「えびの市心のふるさと基金」を創設しています。

 市内出身者や縁故のある人はもちろん、そうでない人も、えびの市を心のふるさとと思い、まちづくりに参加をお願いいたします。えびのを応援していただいた人とは、これからもずっと繋がりをもって、美しく活力に満ちたふるさととして、あなたの心に輝き続ける本当のふるさとになりたいと願っています。

 全国からの応援を心からお待ちしています。

さとふるバナー

 

楽天

  

事業の目的

えびのの豊かな自然環境や魅力ある伝統文化等の地域資源を次世代に引き継ぐとともに、ふるさとへの思いやえびのの発展を願う人々の思いを寄附を通じて実現し、多様な人々の参画によるふるさとづくりの推進に資することを目的としています。

 

寄附金の使い方

皆さんからいただいた寄附金は、「えびの市心のふるさと基金」に積み立て、市が取り組んでいる次の応援メニューの中から、寄附者がご賛同いただける事業に翌年度以降活用させていただきます。

応援メニュー

心のふるさと寄附金は、次の4つのメニューに活用させていただきます。どの事業に活用してほしいかを、寄附の際にお選び提出ください。

1.地域福祉の充実に関する事業

子育てしやすい環境の整備や地域での支え合い事業など、温かいふれあいを保ちながら小さいお子様からお年寄りまで、住み慣れた地域でいきいきと安心して暮らせるような福祉事業を展開していきます。

  • 地域支援事業
  • 老人福祉センター運営事業
  • 障害児保育・病後児保育事業 など
福祉事業 写真
2.自然環境の保全などに関する事業

えびの高原や川内川に代表される豊かな大自然や「田の神さあ」がたたずむ田園風景など、えびのならではの貴重な自然環境を保全・活用する事業を実施します。

  • 森林環境支援事業
  • 浄化槽設置整備補助事業 など
植樹 写真
3.伝統文化の保存などに関する事業

地域に息づく貴重な文化財、伝統芸能の保存・伝承をはじめ、市民参加による地域文化振興のための事業を実施します。

  • 郷土芸能発表事業
  • 電子絵本制作事業 など
芸能発表 写真
4.その他、市長にお任せする事業

使途を指定しない寄附金につきましては、未来に向けた魅力あるまちづくりのために、市長が寄附金の使い道を決定します。

  • えびの京町温泉マラソン補助事業 
  • 30人学級事業 など

 

 

※総務省:ふるさと納税ポータルサイトはこちらです↓

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html

 

寄附の申し込み

えびの市では皆さんからの応援をお待ちしています。寄附をご希望される方は、下記をご確認のうえお申込みください。

 

寄附の方法

 1 インターネットを通じて申し込む方法 【 オススメです! 】

市が寄付受付に関する委託を行っているふるさと納税ポータルサイト「さとふる」または「楽天市場」にて、寄附の申込み、納付(クレジットカードなど)、返礼品の選択までワンストップで完了することができます。ご希望される方は下記のバナーリンクよりお申込みください。

 ■「さとふる」

さとふるバナー

 ■「楽天市場」

楽天

 

2 「寄附申出書」で申し込む方法

ホームページ以外から申し込みをされる方は下記の「寄附申出書」に必要事項を記入のうえ、郵送、ファックス、電子メール、直接持参などで、提出ください。また、返礼品の配送先が寄附された方の住所と異なる場合は、余白に配送先をご記入ください。

※「さとふる」または「楽天市場」の専用サイトから申し込みされた方は「寄附申出書」の提出は不要です。

(提出先)

住所:〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地 えびの市企画課定住対策係

電話:0984-35-3713(直通) ファックス:0984-35-0401

電子メール:kikaku@city.ebino.lg.jp

 

寄附申出書で申し込まれた方は、下記のいずれかの方法で納付をお願いします。

【納付書払】後日、市からゆうちょ銀行(郵便局)専用の納付書を送付します。振り込み手数料は無料です。

【現金書留】えびの市企画課定住対策係 宛 に送付してください。郵送料は寄付者様の負担になります。

【現金持参】えびの市企画課定住対策係まで直接ご持参ください。 受付時間:平日9時から16時まで

 

 返礼品の送付

えびの市の魅力を発信し、特産品等のPRによる地域経済の活性化を目的として、1万円以上の寄附をされた市外の方に返礼品を進呈いたします。

 お礼の品一覧パンフレット(平成29年4月版) (PDFファイル/7.02メガバイト)

※最新の返礼品については、「さとふる」または「楽天市場」の専用サイトで確認できます。

 ※同一年内で複数回の寄附をされた場合、その都度返礼品を受け取ることができます。

 ※返礼品の配送・管理は委託会社(株式会社さとふる・楽天株式会社)が行います。このため寄附者の方の氏名、住所、電話番号および希望する返礼品についての情報を委託先に提供することになりますので、ご了承ください。

 ※返礼品は品切れ等の場合もありますので、最新の情報を「さとふる」または「楽天市場」の専用サイトでご確認ください。

 ※通常は寄附金の受領確認後、1週間から1か月程度で返礼品を発送いたします。(返礼品の種類、申込時期より発送に一定期間の月日を要する場合があります。)

 ※返礼品については、予告なく変更する場合もございますのでご了承ください。

 

寄附金受領証明書の発行

寄附金の受領確認日から2週間程度で送付します。ただし、寄付件数が集中する時期は、遅れる場合がありますのでご了承ください。

 

税金の軽減を受けるための手続き

原則として、寄附をした翌年の確定申告期間に、お住いの住所地を管轄する税務署へ確定申告をしてください。また、所得税が非課税で住民税のみが課税される方は、お住いの市区町村に寄附金控除の申告をしてください。
これらの税務申告の際には、寄附に係る領収書(寄附金受領証明書)を添付する必要がありますので、えびの市から発行された際は大切に保管してください。

 

ワンストップ特例制度について(申請される方は、お早めに手続きを行ってください。)

平成27年度の税制改革により「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。ふるさと納税された方が次の条件を満たした場合に、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告が不要になります。

※1回の寄附につき1枚の申請書が必要です。えびの市へ複数回寄附を行う場合は、その都度申請書を提出してください。

 

1.ワンストップ特例制度の申請方法

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を、寄附をした翌年の1月10日までにえびの市企画課定住対策係に提出してください。

平成27年度からはマイナンバー法の施行により、各種書類の提出が義務付けられました。申告特例申請書(専用様式)に必要事項を記入のうえ、署名、捺印、下記のいずれかのパターンの書類を添えて、えびの市企画課定住対策係へお送りください。(FAXおよび電子メールは不可)

※期限までに届かなかった場合や、書類に不備があった場合は特例申請が適用されません。

 

Aパターン:マイナンバーカードを持っている場合

「マイナンバーカード」の裏面と表面のコピー

 

Bパターン:通知カードを持っている場合

「通知カードコピー」と「身分証明書のコピー」

 

Cパターン:マイナンバーカードも通知カードもない場合

「マイナンバーが記載された住民票のコピー」と「身分証明書のコピー」

 

※写真入り身分証明書は、運転免許証、運転履歴証明書、パスポート等の写し。

写真入り身分証明書の提出が困難な場合は、保険証、国民年金手帳、官公署発行の氏名、住所、生年月日が確認できる書類等の中から2つ以上の写し。

 

※ワンストップ特例申請後に住所等の変更があった際は、「変更届出書」を寄附をした翌年の1月10日までにえびの市企画課へ必ず提出ください。変更の届出がないと寄附金控除が受けられない場合がありますのでご注意ください。

※ワンストップ特例制度を申し込まれた方の寄附情報は、えびの市より寄附者のお住いの自治体に通知され、翌年度の住民税で寄附金税額控除されます。

 

【ワンストップ特例を申請しても下記の場合、適用されませんのでご注意ください】

・医療費控除の申告などのため、確定申告をした、又は、住民税の申告をした。

・6団体以上にワンストップ特例を申請した。

・寄附した翌年1月1日の住所が、申請書に記載されている住所と異なり変更届出がされていない。

 

 

 ※総務省:ふるさと納税ポータルサイトはこちらです↓

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html

 

収納代行事業者および指定代理納付者の指定 

市は、インターネットを利用して納付するふるさと納税の寄附金に関し、民間事業者に収納事務を委託しています。

1 収納代行事業者の住所および名称

  東京都中央区日本橋二丁目2番2号 マルヒロ日本橋ビル9階 株式会社さとふる

2 指定代理納付者の住所および名称

  東京都港区東新橋一丁目9番2号 汐留住友ビル25階 ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社

3 収納代行事業者および指定代理納付者に納付させる歳入

  インターネットを利用して納付する「ふるさと納税」に係る寄附金

4 指定日

  平成27年10月1日

 

1 収納代行事業者の住所および名称

   東京都世田谷区玉川1-14-1楽天クリムゾンハウス  楽天株式会社

2 指定代理納付者の住所および名称

  東京都世田谷区玉川1-14-1楽天クリムゾンハウス  楽天株式会社

3 収納代行事業者および指定代理納付者に納付させる歳入

  インターネットを利用して納付する「ふるさと納税」に係る寄附金

4 指定日

  平成29年5月1日

 

寄附の状況

平成28年度については、次の表のとおり24,875件、合計580,662,000円の寄附金をいただきました。この寄附金は「えびの市心のふるさと基金」に積み立て、寄附をしていただいた方々の意向に沿った事業に有効に活用させていただきます。
たくさんの温かいご支援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

事業の種類

寄附件数

寄附金額

1.地域福祉の充実などに関する事業

3,969件

93,650,000円

2.自然環境の保全などに関する事業

3,177件

73,940,000円

3.伝統文化の保存などに関する事業

858件

19,780,000円

4.その他市長が必要と認める事業

16,871件

393,292,000円

合計

24,875件

580,662,000円

 

えびの市心のふるさと基金の積立状況

区分

平成28年度末残高

平成27年度末残高

積立金

588,655,714円

90,788,000円

 

基金からの平成28年度事業への繰り入れ状況(寄附金の活用状況)

  

 返礼品の協力事業者を随時募集します。

市では、ふるさと納税(寄付金)制度で、一定額以上の寄付をされた方に、お礼の品として特産品の進呈を行っています。随時、進呈商品のリニューアルのために、商品やサービスを提供できる事業者を募集します。

えびの市の魅力を「味わってもらえる」「体感できる」「懐かしんでもらえる」商品や市のPRにつながる要素をもつ商品やサービスを提案してください。

 

申込方法

「えびの市ふるさと寄付金協力事業者申込書」を市企画課定住対策係に提出してください。

えびの市心のふるさと寄付金協力事業者申込書 (Wordファイル/45.5キロバイト)


 

詐欺等にご注意ください!

「ふるさと納税」をかたった寄附の強要等、不当な請求が予想されます。詐欺などには十分ご注意ください。

なお、えびの市から電話などで現金自動預払機(ATM)による振込みをお願いすることはありません。

 

 

えびの市は・・

皆さまの「ふるさとえびの」を想う気持ちをしっかりと受け止め

これからも皆さまの心に輝き続ける本当のふるさとになれるよう頑張ります!  

みなほ

えびの市 企画課 定住対策係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3713
FAX:0984-35-0401