ホーム > 健康・福祉 > 健康 > こどもの健康

子どもの予防接種

市では、乳幼児、小中高校生を対象に以下の予防接種事業を実施しています。小中高生が接種する予防接種は通知しますが、乳幼児が接種する予防接種についてはその都度、個人通知をしていません。子どもの体調の良い時にかかりつけ医に相談しながら、接種するようお願いします。

 

感染症から子どもを守る予防接種

子どもは成長するまでにたくさんの病気にかかります。なかには、かかると重い症状が現れたり、後遺症が心配されたり、また、命にかかわるような病気もあります。それを防ぐために免疫を作っておこうとするのが予防接種です。
接種する場合は予防接種に対する正しい理解のもとで、接種するようにお願いします。

 

接種費用

対象月齢内であれば無料です。

 

ワクチンの種類と特徴

予防接種で使うワクチンには、生ワクチン、不活化ワクチンの2種類があります。

生ワクチン

生きた細菌やウイルスの毒性を弱めて作ったものです。1回接種すれば免疫が長期間続くのが特徴です。BCG、麻しん、風しん、水ぼうそう、おたふくかぜ、ロタウイルスなどが入ります。生ワクチンを接種した日の翌日から起算して、別の予防接種を行うまでの間隔は27日以上おきます。

不活化ワクチン

細菌やウイルスを殺し、免疫を作るのに必要な成分を取り出して毒性をなくして作ったものです。免疫の持続期間が短いため、接種に数回の追加が必要です。四種混合、二種混合、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンなどが入ります。不活化ワクチンを接種した日の翌日から起算して、別の予防接種を行うまでの間隔は6日以上おきます。 

 

 

予防接種を受ける際の一般的注意事項

予防接種は体調のよいときに受けるのが原則です。日頃から保護者の方はお子さんの体質、体調など健康状態によく気を配ってください。

 

予防接種を受けることができない場合

「アナフィラキシー」というのは通常接種後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。汗がたくさん出る、顔が急に腫れる、全身にひどいじんましんが出る、はきけ、息が苦しいなどの症状やショック状態になるような激しい全身反応のことです。

(お子さんには直接関係ないかもしれませんが、任意で受ける人のことも考慮したものです。)

 

予防接種を受ける際に注意を要する場合 

 以下に該当するお子さんの保護者の方はかかりつけ医に前もってお子さんを診てもらい、予防接種を受けてよいかどうかを判断してもらいましょう。受ける場合には、その医師のところで接種を受けるか、あるいは診断書または意見書をもらってから接種を受けるようにしてください。

 

予防接種を受けた後の一般的注意事項

 

それぞれの予防接種についての説明

 

 

予防接種実施医療機関

接種される時は医療機関に事前に予約をし、母子健康手帳を持参ください。

 

接種の時期と間隔

 

副反応が起こった場合の対応

通常みられる反応

ワクチンの種類によっても異なりますが、発熱、接種局所の発赤・腫脹(はれ)、硬結(しこり)、発疹などが比較的高い頻度(数パーセントから数十パーセント)で認められます。通常、数日以内に自然に治るので心配ありません。

重い副反応

予防接種を受けた後、接種局所のひどいはれ、高熱、ひきつけなどの症状があったら、医師の診察を受けてください。子どもの症状が予防接種後副反応報告基準に該当する場合は、医師から市長へ副反応の報告が行われます。ワクチンの種類によっては、極めてまれ(百万から数百万人に1人程度)に脳炎や神経障害などの重い副反応が生じることもあります。このような場合に厚生労働大臣が予防接種法に基づく定期の予防接種によるものと認定した時は、予防接種法に基づく健康被害救済の給付の対象となります。

紛れ込み反応

予防接種を受けたしばらく後に、何らかの症状が出現すれば、予防接種が原因ではないかと疑われることがあります。しかし、たまたま同じ時期に発症した他の感染症などが原因であることが明らかになることもあります。これを「紛れ込み反応」と言います。

予防接種による健康被害救済制度

定期の予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく給付を受けることができます。
ただし、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、別の要因(予防接種をする前あるいは後に紛れ込んだ感染症あるいは別の原因など)によるものなのかの因果関係を予防接種・感染症医療・法律など、各分野の専門家からなる国の審査会にて審議し、予防接種によるものと認定された場合に給付を受けることができます。
予防接種法に基づく定期の予防接種として定められた期間を外れて接種を希望する場合、予防接種法に基づかない接種(任意接種)として取り扱われます。その接種で健康被害を受けた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済を受けることになりますが、予防接種法と比べて救済の対象、額などが異なります。

 

長期にわたり療養を必要とする疾病にかかった者等の定期接種の機会の確保

平成25年1月30日より、長期にわたる重篤な疾病(重症複合免疫不全症、白血病、再生不良性貧血等)のため、定期接種を受けられなかったお子さんについて特例措置が設けられました。くわしくは、健康保険課、市民健康係にご相談ください。

 

内容に対するお問い合わせ先

えびの市健康保険課市民健康係
電話35-1111(内線281)

えびの市保健センター
電話35-2446

えびの市 健康保険課 市民健康係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-1116
FAX:0984-35-0401