ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 子育て支援

平成27年4月からの保育所等入所受付が変わります

子ども・子育て支援新制度が平成27年4月から始まります。
子ども・子育て支援新制度(以下「新制度」)の目的は、すべての子ども・子育て家庭を対象に、幼児の教育・保育、地域の子ども・子育ての質の向上や量の拡充を図ることです。
新制度への移行に伴い、保育所などの入所受付がこれまでと変わります。

「現在」と「平成27年度」からの違い

保育所(園)は、すべて新制度に移行します。
幼稚園は、新制度に移行する園としない園があります。

 現在
平成27年度から 
 新制度に移行する施設
幼稚園
 
 
これまでと同じ幼稚園
 
新制度に移行する幼稚園 
・利用のための支給認定が必要になります。
(入所申込書と同時に認定申請をします)
 
・保育料は、保護者の市町村民税の課税状況によって決まります。
認定こども園 
保育所(園)
 
 保育所(園)
認定こども園
認定こども園とは

幼稚園と保育所(園)の役割をあわせもつ施設です。幼稚園部分は教育標準時間(4時間)、保育所部分は8時間または11時間の保育時間に対応します。
保護者の就労状況にかかわらず、0~5歳まで通えます(平成26年11月1日現在、市内に認定こども園はありません)。

 

新制度に移行する施設を利用する場合

幼稚園、保育所(園)などの利用を希望する人は、認定申請が必要です。
えびの市では、保育所等利用の申込手続きで支給認定申請を兼ねて受け付けをします。事前に認定の手続きをする必要はありません。

 3つの区分

認定の区分は、年齢や利用希望の施設によって3つに分かれます。

認定区分

対 象

主な利用施設

1号認定

子どもが満3歳以上で、幼稚園等での教育を希望する場合

幼稚園認定こども園(幼稚園部分)

2号認定

子どもが満3歳以上で、「保育を必要とする事由」に該当し、保育所等での保育を希望する場合

保育所(園)認定こども園(保育所部分)

3号認定

子どもが満3歳未満で、「保育を必要とする事由」に該当し、保育所等での保育を希望する場合

保育所(園)認定こども園(保育所部分)

  

 

 

 

 

 

 

保育の必要量の認定

就労などを理由とする利用の場合、次のいずれかに区分されます。

 

保育を必要とする事由(基準)

児童の保護者が次のいずれかに該当し、保育を必要とする場合に限り、保育所等を利用することができます。

保育を必要とする事由

入所が可能な期間

家庭内・家庭外で仕事をしている(1ヶ月60時間以上)

就労している期間

妊娠・出産

出産月を含めず、産前2ヶ月、産後3ヶ月

疾病・心身の障害をもっている

療養が必要でなくなるまで

常時、病人の看護等をしている

看護が必要でなくなるまで

災害復旧をしている

災害復旧が終了するまで

求職活動中

2ヶ月まで

学校に在学している又は職業訓練を受けている

在学している期間又は訓練を受ける期間

虐待やDVのおそれがある

市が定める期間

育児休業取得時に、すでに保育所等を利用している兄姉がいて継続が必要な場合

継続した期間

(下記の「育児休業取得時の継続入所」をご確認ください)

その他、上記に類する状態と判断する場合

市が定める期間

育児休業取得時の継続入所

育児休業中は、家庭で保育ができる状況にあるため、育児休業取得時点で既に入所している兄姉の継続入所はできません。原則、産後休暇終了時点で退所となります。ただし、次のような状況の場合、継続入所ができるものとします。

  1. 次年度に小学校入学を控えているなど、子どもの発達上環境の変化に留意する必要がある場合
  2. 母親の産後の状態、出産した児童の健康状態により、入所基準を母親の疾病や子の看護等に変更する必要がある(別途診断書等の提出が必要)場合など、市が児童福祉の観点から必要と認める場合

 

平成27年度保育所等入所決定までのスケジュール

保育所(園)・認定こども園(保育所部分)
  1. 市に、認定申請兼利用申し込みをする。※在園児は園経由
  2. 市が、保護者の希望や保育所などの状況を確認し、利用調整をする。
  3. 決定後、市から認定証および入所決定通知書を発送する。※在園児は園経由(2号・3号認定)

 

新制度に移行した幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)の場合
  1. 幼稚園などに直接利用申し込みをする。
  2. 幼稚園などから入園の内定を受ける。※定員超過の場合などは選考あり
  3. 幼稚園などをつうじて、認定申請をする。
  4. 幼稚園などをつうじて、市から認定証が交付される(1号認定)。

 ※幼稚園、認定こども園(幼稚園部分)の利用を希望する場合、各園への利用申し込み前の認定は必要ありません。入所手続きの後、各園を通じて認定申請を行います。

 

市内の保育所等一覧(平成26111日現在)

保育所名

住所

定員

電話番号

飯野保育園

私立

 原田52-2

90

33-2100

和光保育園

私立

 原田3230-4

60

33-3672

上江保育園

私立

 上江1870-1

60

33-3265

加久藤乳児保育園

私立

 栗下1608

45

35-1219

加久藤保育園

私立

 永山3-2

60

35-0189

なかよし保育園

私立

 向江98

60

37-2063

真幸保育園

私立

 向江1040-1

50

37-1495

ふじ幼稚園

私立

 栗下1592

120

35-2508

 

利用者負担額(保育料)

国の水準を基に、保育料を市が設定します。

平成27年4月から8月までの保育料は、平成26年度の市民税の額により、9月から翌年3月までの保育料は、平成27年度の市民税の額により決定します。

利用者負担額(保育料) (PDFファイル/123.83キロバイト)

 

地域子ども・子育て支援

地域子育て支援センター(なかよし保育園内)(TEL37-0008)

親子の交流や子育てに関する相談、季節の行事を通して子育て支援を行います。

一時保育事業

日中、家庭で保育することができない幼児を、一時的に預かります。

ファミリー・サポート・センター(社会福祉協議会内)(TEL35-3120)

安心して子育てが出来るよう、子育ての手助けをしてほしい人と、子育ての手助けをできる人が会員となり、地域の中でお互い助け合っていきます。

放課後児童クラブ

家庭に日中、保護者のいない児童が、放課後などに過ごす場を提供します。

(平成27年度から小学6年生までが対象となります。)

こんにちは赤ちゃん事業

母子保健推進員が、乳児のいる全ての家庭を訪問して、健診や赤ちゃん相談などの案内を行います。

子育て悩み相談所(TEL35-0732)

子育てに関する悩み事の相談に応じます。

 

えびの市 福祉事務所 子育て支援係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3738
FAX:0984-35-0401