ホーム > 健康・福祉 > 福祉 > 子育て支援

子ども・子育て支援新制度について

 

平成27年度から、幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援を総合的に推進する「子ども・子育て支援新制度」(以下「新制度」)が始まります。

 

新制度の目的

新制度は、急速な少子化の進行、家庭や地域を取り巻く環境の変化に対応し、子どもや保護者に必要な支援を行い、子ども一人ひとりが健やかに成長することができる社会を実現することを目的に行われるものです。

新制度の主なポイント
  1. 質の高い幼児期の学校教育・保育の総合的な提供
    保護者が働いている働いていないに関わらず、柔軟に子どもを受け入れられる「認定こども園※」の普及を進めます。
    ※認定こども園は、幼稚園と保育所の利点を併せ持ち、子どもが幼稚園で幼児期の教育と保育を一体的に受けることができる機能を持つ施設です。
  2. 地域の子ども・子育て支援の充実
    地域における子育てに関するさまざまな希望に応えることができるよう、一時預かり保育、延長保育、放課後児童クラブの充実を図るなど、子育てに対する多様な支援を実施します。

 

新制度で何が変わるのか

入所方法

これまでの制度と、手続きの時期や流れが大幅に変わるわけではありません。新制度では、幼稚園・保育所・認定こども園などへ入所を希望する場合、子ども一人ひとりについて、子どもの年齢や保護者の就労状況に応じた客観的基準に基づき、3つの区分による保育の必要性の認定を市から受けます。

認定を受けると、認定証が交付され、認定に合わせて希望に合った施設を選べます。

 3つの区分
区 分対 象施 設
1号認定 保育を必要としない(教育を希望する)満3歳以上の子

幼稚園

認定こども園

2号認定 保育が必要な満3歳以上の子

保育所

認定こども園

3号認定 保育が必要な満3歳未満の子

保育所

認定こども園

 利用料金

新制度に基づく、幼稚園・保育所・認定こども園などの利用料金は、保護者の所得に応じた負担を基本とし、国が定める基準を上限として、市が定めることになります。

※施設の判断で、教材費などの実費・上乗せ料金が設定される場合があります。

 

新制度に向けた市の取り組み

事業計画について

市では、新制度に先立ち、国が定める「基本指針」に基づき、地域の保育需要等を踏まえた「えびの市子ども・子育て支援事業計画」を平成26年度に策定します。

「子ども・子育て会議」の設置

平成25年9月に、公募委員2人を含む18人からなる「えびの市子ども・子育て会議」を設置し、策定に向けた審議を行っています。

 

新制度に向けたスケジュール   
平成25年度

      ⇩ 

平成26年度

      ⇩

平成27年度

 

※新制度の詳細は、随時お知らせします。

※詳しくは、内閣府ホームページをご覧ください。

  http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/index.html

 

 

 

えびの市 福祉事務所 子育て支援係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3738
FAX:0984-35-0401