ホーム > くらし > 協働・まちづくり > 協働・市民活動

市民活動支援センター

会議のイラスト

市長と看板えびの市市民活動支援センターを設置しました。

場所

えびの市大字榎田388番地1
えびの市国際交流センター2階

 

市では、市民が主体的に取り組む市民活動を支援するため、市民活動支援センターを設置しました。

会議室としての利用や、複数団体が連携して事業や研修会を計画する場合の利用など、市民団体の活動を促進することを目的としています。

 

利用できるもの

机、いす

会議等に利用できます。

貸しロッカー

鍵付きのロッカーです。
登録団体1団体につき1スペース貸し出します。

メールボックス

市民活動支援センター宛てに届いた郵便を、登録団体ごとにメールボックスに振り分けます。

パンフレットスタンド

ロッカー登録団体等のイベントチラシ等の閲覧に利用できます。

行事予定表(ホワイトボード)

市民活動支援センターの利用状況や登録団体のイベント日時などが記入できます。

コピーの利用

コピーは、国際交流センター事務室のコピー機を利用してもらいます。
パンフレットスタンド使用料は、白黒1枚10円です。

インターネットの利用

インターネットを利用するときは、国際交流センターのフロントで利用できます。
使用料は、1時間100円です。

印刷機の利用

100枚以上の印刷については、市民協働課に相談。
用紙は、各団体で準備していただきます。

利用登録ができる団体

室内写真

市民活動支援センターの利用ができる団体は、次のすべての要件を満たす団体です。

  1. 5人以上で構成する団体であること。
  2. 市内に事務所または活動場所があること。
  3. 入会に制限がなく、市民に開かれた団体であること。
  4. 団体の運営に関する規約または会則を定めていること。
  5. 適切な会計処理が行われていること。
  6. 非営利活動を行う団体であること。
  7. 暴力団またはその構成員の統制下にある団体ではないこと。
  8. 選挙、政治、宗教、経済活動、趣味を目的に活動する団体ではないこと。

利用手続

  1. えびの市市民活動団体登録申請書兼支援センター使用許可申請を、市民協働課に提出してください。
  2. 登録申請受付後、登録団体の要件を満たす場合は、登録および使用を許可し、登録証兼センター使用許可書をお渡しします。

利用方法

  1. 市民活動支援センターを利用する日時を、国際交流センターに連絡し、支援センター使用日時の予約をします。
  2. 使用日当日、登録証兼センター使用許可書を国際交流センターの受付窓口で見せます。
  3. 市民活動支援センターを利用するときは、利用者全員、団体名の入った名札を付けます。
  4. 使用後は、きれいに清掃して、使用前の状態に戻します。

利用上の注意事項

  1. 登録があっても利用のない場合は、登録を取り消す場合があります。
  2. 国際交流センターの2階は、宿泊室となっていますので、市民活動支援センター以外の場所には立ち入らないようにしてください。
  3. 大きな声を出したり、大きな音を立てたりなど、宿泊者の迷惑になる行為はしないようにしてください。
  4. 靴がよごれている時は、スリッパにはき替えてください。
  5. 退館するときは、国際交流センターの受付窓口に退館することを告げてください。

お問い合わせ先

えびの市 市民協働課
電話 0984-35-1111(内線353)

えびの市 市民協働課 市民協働係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-1118
FAX:0984-35-0401