ホーム > くらし > 協働・まちづくり > 協働・市民活動

協働のまちづくり指針

「協働」とは、同じ目的のために協力して働く、行動するということです。
世の中が便利になり、人の価値観が複雑かつ多様化し、さらに少子高齢化、人口減が続く中で、行政だけでは解決できない問題が多くなってきています。
行政主導型ではなく、市民と行政のパートナーシップを強くしていくことが喫緊(きっきん)の課題であり、今後のまちづくりを進める上で最も重要なことです。
このまちづくりの基本となる協働を推進していくためには、協働についての考え方や協働を実施する上でのルールなど基本的な事項について、市民と行政が共通の認識を持つことが重要です。
そこで、市では、「えびの市自治基本条例」の基本理念を実現し、市民と行政による協働のまちづくりを進めていく上で、市民の皆さんと共通の認識を持つための「協働のまちづくり指針」を策定しました。 
策定に当たっては、市民や市民団体にも策定に関わってもらい、わかりやすい内容になるようにまとめました。

指針の概要

「協働のまちづくり指針」は、3部構成となっています。

第1 協働の理念

1 協働とは

2 今なぜ、協働が必要なのか

3 協働により期待される効果

第2 協働を推進する上での基本的な考え方

1 協働の基本原則

2 協働の領域

3 協働の形態

4 協働の担い手の役割り

第3 協働を進める施策

1 人材の育成

2 情報の共有

3 地域コミュニティによる地域づくり

4 市民参画制度の充実

5 市民活動への支援体制の充実

6 庁内推進体制の整備

7 協働の啓発

協働推進実施計画(平成25年度~平成27年度)

「協働のまちづくり指針」の第3部で示した協働を進める施策を、計画的かつ着実に推進していくため、協働推進実施計画を策定しました。
この協働推進実施計画は、平成25年度から平成27年度までの3年間に取り組む事業を掲げています。

えびの市 市民協働課 市民協働係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-1118
FAX:0984-35-0401