えびの市観光案内

ホーム > 観光 > 観光 > 自然・みどころ

享保水路太鼓橋

 太鼓橋

飯野平野一帯の美田を潤す享保用水。その用水路は途中有島川を横断しているのですが、大雨のたびに水路が流出していたことから、江戸時代末期(1850年頃)に太鼓橋が築造されました。この橋が設けられてからは、流出の心配もなくなり安定した用水の供給が可能となりました。太鼓橋は延長34メートル、幅員8.8メートルの用水路兼農道となっており、平成16年3月4日に国の登録有形文化財として登録されました。

 

享保水路太鼓橋の位置