えびの市観光案内

ホーム > 観光 > 移住・定住 > 住宅関連

住宅支援

 

Uターンのための住宅改修等に対して支援金を交付します。

市では、移住・定住対策の一つとして、市外に居住していた市内出身者が、Uターンを目的として、市内業者を利用して空き家の改修等を行う場合に、その経費の一部を支援金として交付します。また、中学生以下の子どもを扶養している場合は、子育て加算金を支給します。

 Uターン

進学、就職などのためえびの市外に居住していた市内出身者が、定住の意思を持って再び転入すること

対象住宅

市内にある空き家でUターンする者が所有権等(空き家に係る所有権その他の権利により当該空き家に居住する権利)を有し、Uターン後に居住する住宅

 補助対象者(Uターンの意思があり、次のいずれにも該当する人)
 補助対象事業
 補助金の額
 様式

 

浄化槽設置に対して補助があります。

えびの市では、生活排水処理対策として浄化槽の普及を進めており、浄化槽の設置への補助を行っています。

○浄化槽設置整備事業補助金のページはこちら

 

定住促進住宅があります。

気軽にえびの市に住めるよう、定住促進住宅を設置しています。  
定住促進宅住宅は、子育て世帯の負担が軽くなるよう、18歳未満の子どもを扶養している世帯は減額制度(一人の場合3,000円、二人以上の場合5,000円)があります。

○定住促進住宅のページはこちら

定住に関する誓約書 (Word2007ファイル/21キロバイト)