ホーム > 健康・福祉 > 保険・医療制度 > 国民健康保険

国民健康保険税について

 皆さんが納めている国民健康保険税は、国民健康保険の財源の約4分の1を占め、国や県などからの補助金などとともに、皆さんが病院にかかったときの費用などに使われています。
 国民健康保険税は、国民健康保険制度を支える大切な財源です。

 

国民健康保険税のしくみ

 国民健康保険税は、「基礎課税分」・「後期高齢者支援金等分」・「介護納付金分」の3種類で構成されており、年齢により納める種類が異なります。

40歳未満の人

基礎課税分 + 後期高齢者支援金等分

40歳から64歳の人

基礎課税分 + 後期高齢者支援金等分 + 介護納付金分

65歳から74歳の人

基礎課税分 + 後期高齢者支援金等分

 

国民健康保険税の計算方法

 国民健康保険税は、上記の「基礎課税分」・「後期高齢者支援金等分」・「介護納付金分」ごとに、それぞれ次の4項目を合算して計算します。

 この項目ごとに、えびの市で税率・税額を決定し、それぞれの額を合算したものが1年間の国民健康保険税となります。税率・税額は以下のとおりです。

 平成29年度

所得割

資産割

均等割

平等割

限度額

基礎課税分

9.28%

21.00%

25,000円

22,400円

54万円

後期高齢者支援金等分

2.60%

6.00%

7,200円

6,100円

19万円

介護納付金分

2.50%

7.57%

8,500円

6,100円

16万円

※後期高齢者支援金等分とは、後期高齢者医療制度を支えるために平成20年度から新設されたもので、後期高齢者医療の医療費全体の約4割を支援する負担金です。

 

年金特別徴収について

 次の条件をすべて満たす65歳以上の世帯主は、国民健康保険税の納付方法が年金からの差し引き(年金特別徴収)に変更となります。

対象となる条件
  1. 世帯主が国民健康保険加入者であること
  2. 世帯内の国民健康保険加入者全員が65歳から74歳であること
  3. 年金受給額が年間18万円以上かつ、国民健康保険税と介護保険料の合算額が差し引き対象年金額の2分の1未満であること

※年金差し引きの対象となっていても、申請により年金特別徴収から口座振替に変更可能です。

【申請に必要なもの】

えびの市 健康保険課 賦課徴収係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3743
FAX:0984-35-0401