ホーム > くらし > 年金・税 > 税金

固定資産税

固定資産税の概要

固定資産税は、毎年1月1日(賦課期日)現在で、市内に、土地、家屋、償却資産(総称して「固定資産」といいます)を所有している人が納税義務者となります。

所有している人というのは、1月1日現在で、

土地

登記簿または土地補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人

家屋

登記簿または家屋補充課税台帳に所有者として登記または登録されている人

償却資産

償却資産課税台帳に所有者として登録されている人

ということになります。
したがって、売買などによって実際の所有者が変更になっても、登記簿などの名義変更が、1月1日現在で完了していなければ、登記簿等のとおり旧所有者が納税義務者となります。
ただし、所有者として登記(登録)されている人が、賦課期日(1月1日)前に死亡している場合は、賦課期日現在で、その固定資産を現に所有している人が納税義務者となります。

1月1日現在の
「実際の所有者」

1月1日現在の
「登記簿等に登録されている所有者」

納税義務者

A さん

A さん

A さん

A さん

B さん

B さん

A さん

C さん(死亡者)

A さん

固定資産税の税額

税額の計算方法

課税標準額×税率(1.4%)=税額

課税標準額とは・・・

固定資産の評価は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて行われ、市町村長がその価格を決定し、この価格をもとに課税標準額を算定し、税額計算の基礎とします。

免税点

土地

30万円

家屋

20万円

償却資産

150万円

家屋に関する届出

家屋の新築、増築、改築、取り壊しおよび滅失の場合、また登記のされていない家屋(未登記家屋)の相続などによる名義変更があった場合には、必ず税務課固定資産税係まで届け出てください。

えびの市 税務課 固定資産税係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3735
FAX:0984-35-0401