ホーム > くらし > 年金・税 > 税金

市税の種類

市の税金である市税には、主に次のような種類があります。
納税義務者や税率、減免についてなど、それぞれの市税の詳しいことは、担当課・係まで問い合わせください。

市税の種類

税の概要

担当課・係

個人の
市(県)民税

 個人の市民税は、毎年1月1日にえびの市内に住所のある人に、前年の所得に対してかかる税金で、均等割と所得割からなっています。
 実際には住民税として、個人の県民税も同時に課税されています。

税務課
市民税係

法人の市民税

 法人の市民税は、えびの市内に事務所または事業所を有する法人が納税義務者となります。

税務課
市民税係

軽自動車税

 軽自動車税は、毎年4月1日現在の軽自動車等の所有者に対して課税されます。
 自動車税(県税)と異なり月割課税の制度はありませんので、年税額で課税されます。

税務課
市民税係

入湯税

 入湯税は、環境衛生施設や観光の振興に要する費用にあてるために設けられた目的税で、鉱泉浴場における入湯に対し、150円の税率(税額)で課税されます。

税務課
市民税係

市たばこ税

 卸売販売業者等が市内の小売店に売り渡した「たばこ」に対して課税されます。

税務課
市民税係

固定資産税

 固定資産税は、その年の1月1日の固定資産(土地、家屋および償却資産)の所有者に対して、固定資産の評価額に応じて課税されます。

税務課
固定資産税係

国民健康保険税

 国民健康保険に加入している人が、その負担能力(所得、資産等)に応じて納付します。
 納めていただく保険税は、皆さんが病気やケガをしたときの医療費を支払う財源となります。

健康保険課
賦課徴収係

えびの市 税務課 市民税係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3734
FAX:0984-35-0401