ホーム > くらし > 年金・税 > 税金

個人住民税が年金から特別徴収されます

公的年金受給者の納税の便宜や市町村の徴収事務の効率化をはかるため、個人住民税を公的年金から天引き(特別徴収)する制度です。

個人住民税とは

納税義務のある市民一人ひとりの市民税・県民税のことです。

 

対象者

前年中に公的年金などの給付を受けた人で、特別徴収する年度の4月1日において、老齢基礎年金等の支払いを受けている65歳以上の人。
ただし、次の場合には特別徴収の対象となりません。

※遺族年金および障害年金は非課税所得のため、個人住民税の特別徴収の対象になりません。

対象となる税額は

公的年金等の所得に対する所得割額および均等割額です。

農業、営業、給与など公的年金以外の所得分は、特別徴収されません。
※厚生年金、共済年金、企業年金などを含むすべての公的年金などにかかる所得額に応じた税額が特別徴収の対象となります。特別徴収されるのは老齢基礎年金または老齢年金、退職年金のみです。二階・三階部分の年金からは特別徴収されません。
※この制度は個人住民税の納税方法を変更するものです。新たな税負担が生じるものではありません。

実施される時期は

平成21年10月に支払われる年金から開始されます。

徴収方法

特別徴収を開始する年度における徴収方法

徴収の仕方

期別

徴収月

徴収税額等

普通徴収

上半期

6月・8月

年税額の4分の1ずつを普通徴収の納期ごとに納付書などで納付

特別徴収

下半期

10月・12月・2月

年税額の6分の1ずつを年金の支払われる月ごとに年金から徴収

※年金からの特別徴収は、平成21年10月支払われる年金から開始されます。平成21年度の税額の半分については、平成21年6月と8月に普通徴収(納税通知書により支払う方法)で納めてもらいます。
また、年金所得以外の所得にかかる個人住民税および年金の給付を受けていても対象にならない人の個人住民税については、これまでどおりの方法で納めてもらいます。

翌年度における徴収方法

徴収の仕方

期別

徴収月

徴収税額等

特別徴収

上半期
(仮徴収)

4月・6月・8月

前年度の下半期に徴収した税額

下半期
(本徴収)

10月・12月・2月

年税額から仮徴収額を控除した額の3分の1を年金の支払われる月ごとに徴収

その他

「個人住民税の年金特徴制度」周知用リーフレット

 

 

えびの市 税務課 市民税係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3734
FAX:0984-35-0401