ホーム > 健康・福祉 > 健康 > 成人の健康

特定健診やがん検診に関するQ&A

特定健診やがん検診を受けていない方で、こんな方はいらっしゃいませんか?

例1

Q:「まだまだ若いし、元気なので健診を受ける必要はない。」
A:30代は少々無理しても大丈夫ということが多いですが、40代になると体の中の血管は少しずつ疲れています。さらに、50代、60代になると自覚症状として現れる方も多くなってきます。自覚症状がない元気な時にこそ、健診を受けましょう。

 

例2

Q:「受ける時間がないんです」
A:仕事が忙しくて健診を受けていない方も多いと思います。しかし、忙しいからといって自分の健康を放っておくと、気づかないうちに生活習慣病が進んでいるかもしれません。健診は、年に1回です。元気でいつまでも働き続けることができるように健康について考える日をぜひ作ってみてください。

 

例3

Q:「お金がかかるから受けたくない」
A:えびの市の特定健診の健診料は8,259円ですが、無料で受診することができます。生活習慣病などの病気になってからでは、治療費、薬代など、より多くのお金が必要になったり、通院のために働くことができなくなる可能性もあります。

 

例4

Q:「面倒くさいから受けない」
A:生活習慣病になると、食事を制限したり、運動をしたりと面倒では済まないことが多く出てきます。そうならないためにも健診を受けることは大切です。

 

例5

Q:「健診の結果、お酒を控えましょう、タバコをやめましょうと 『○○しましょう』と言われるのが嫌だ。」
A:もし、異常が見つかっても、早期であれば生活習慣を見直す程度で良いこともあります。なかなか生活習慣を見直すことは難しいですが、「できそうなこと」を1~2つ程度考えて、それを続けてみてください。

 

例6

Q:「がん検診を受けたいのですが、どのように受ければいいのですか?」
A:市で実施しているがん検診は、胃がん、肺がん、乳がん、子宮がん、大腸がん、前立腺がんで、その他、肝炎ウイルス検診も実施しています。えびの市に住民票があり、対象年齢であれば受診できます。
受診するには事前に市への申し込みが必要です。 健康保険課市民健康係(電話35-1111 内線275・284) までお電話ください。

 

その他、不明な点は、市役所健康保険課市民健康係まで問い合わせください。

えびの市 健康保険課 市民健康係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-1116
FAX:0984-35-0401