ホーム > 行政・市政 > 行政 > 環霧島会議

環霧島会議設立の趣旨

 日本最初の国立公園である霧島屋久国立公園の「霧島山」をふるさとの山ととらえる自治体が、それぞれの行政区域を越えて連携し、環境、観光および防災等に関わるさまざまな施策・事業について、お互いに知恵を出し合い、協働することにより、地域活性化を図る。

 

「環霧島会議」宣言

 私たちの自治体は、国立公園として日本で最初に指定された、自然、歴史、景観を持ち、温泉等の豊かな資源を育む「霧島山」を仰ぎ見る地に位置しています。天孫降臨の舞台とも言われる「霧島山」には、悠久の歴史を伝える神話や伝説と豊かな大自然が今も数多く残り、四季折々の美しい風景は私たちの心に深い感銘を与えてくれます。

 「霧島山」をふるさとの山と捉える私たちは、豊かで美しい自然を、人との共生の中で、より豊かなものとして未来へ伝えていかなければなりません。
 私たちは、「環霧島会議」を設立して、「霧島山」をキーワードに、市・町境や県境を越えて連携し、環境、観光、防災等に関わる様々な施策・事業について、お互いに知恵を出し合い、共通する課題や目的に向かって協働することにより、地域活性化を図っていくことをここに宣言します。

 平成19年11月9日

えびの市 企画課 政策係

〒889-4292 宮崎県えびの市大字栗下1292番地
電話:0984-35-3712
FAX:0984-35-0401